« Prologue。 | トップページ | 当日 その② セトリヨリキオクヲタドル。 »

2011年1月18日 (火)

当日 雑感

ARASHI 10-11TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~

2011.1.16 () 1600~@福岡Yahooドーム

ざっくりした全体の雰囲気、私が感じたこと。なんだかちょっとめちゃくちゃですが。

心のそこから楽しかった。嵐に会えて嬉しかった。智がそこにいることにどうかなりそうなぐらいわたわたした。ソロの歌声にどうかなるかと思った。なのに、なんだかテンポが速い気がして、もやもやした。自分の目と、モニターと、オペラグラス、どれで見るか最後まで迷った。仲良くそこにいる嵐が愛しかった。初めて会う嵐友さんと生身の自分として会えた。たどり着くまでと、若干ドーム内も寒かった。ライブ途中でおなか痛かった。あんなに距離があるのに感じる炎の熱さに驚いた。舞い散る銀テープも、金銀の星のテープもきれいだった。メンバーがまぶしかった。メンバーを照らすライトが眩しかった。やっと会えたのに、またいつ会えるかわからないと思うと寂しかった。一人ひとり語りかけるように話してくれる挨拶に、感動した。これが嵐なんだよって感じる楽屋トークからのうだうだ感と、それを笑いあう5人に安心した。一緒に行く人がポイントが同じだと楽しい(笑)嵐会がものすごく楽しかった。そしておいしかった。

最初から見えにくいかもと注意があって、それに了解した上で入れた席だから覚悟してたけど、ほんとにステージの真横で()メンバーがメインステ前方まで出ちゃったらすでに見えるのは後姿な席だったんだけど。そこだから見えたものがいっぱいあって。あれはきっと嵐が見ている風景。その何割かは見ることが出来たんじゃないかなって。うごき回るメンバーについてゆくように向きを変えるお客さんも、曲に合わせて揺れる緑色のペンライトの海も。ステージのすぐ前の大砲みたいな装置から飛ばされる、きらきらが舞い落ちていく様は本当にきれいで。あんな景色を何万の笑顔とともに見ちゃったら、彼らがコンサートをあんなに愛している訳が分った気がした。あんなに忙しいのにあの場所を作ってくれる、全力で向かってきてくれるのはあの空間があんなに美しいからなんだなって。愛しいからなんだなって。横から見てる私が思えたんだからきっとその中心はもっと大変で、もっと愛おしいものなんだろうなって。

全体を見たいと思うと自分の目で見るのがいちばん見える。でも表情も見たいと思うとモニターを見たい。遠いからオペラグラスも使いたい。最後までわたわたした一日でした。あとは今日がDVDに入るのを祈るのみ~。

ライブ中に感じたいろんなポイントはいくらかついってたので、確認しながらまたかけたらいいなぁ。

« Prologue。 | トップページ | 当日 その② セトリヨリキオクヲタドル。 »

☆コンサート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 当日 雑感:

« Prologue。 | トップページ | 当日 その② セトリヨリキオクヲタドル。 »