« 年末年始の雑誌メモ | トップページ | サトシーラ2019 »

2018年12月18日 (火)

ニノ『第43回 報知映画賞』の助演男優賞を受賞

machinaka-blog
#アメブロ @ameba_officialより‬
「第43回報知映画賞」ネタバレあり感想解説 テレビじゃ流さない式のレポート!二宮和也さんの勇姿も


ORICON NEWS
二宮和也、助演男優賞は木村拓哉のおかげ「怒ってばっかり」の原田監督にも感謝

> 壇上で賞状やブロンズを受け取り、二宮は笑顔を弾けさせた。原田眞人監督から「受賞おめでとう! 沖野検事の怒りの満ち引きは神の領域の名演! 誰もが祝いたくなるはず。助演男優賞の連勝記録を期待しています」と祝福のメッセージが送られた。

 スピーチで二宮は「ありがとうございます。怒りのシーンは結構、皆さんに言っていただける。ラッキーだったなと思うのは原田作品だったということが全て。原田監督は現場で怒ってばっかりで、めちゃくちゃ怖くて、ずっとイライラしている。その原田さんと一緒にいれば、ああなります」と笑わせ「監督がすごく厳しい人でよかったな、とこれほど思ったことはありません」と語った。

 また、主演を務めたジャニーズの先輩・木村拓哉にも感謝した。「こういう若輩者が助演につかせていただいて、主演の背中を見て、お芝居できるのは幸せなことでした」と撮影を回想。そして「みなさまに助けれれて、このような場に立たせていただいた、そういう感覚でございます」と、一人の力ではないことを強調し「今度はちょっとでも実力をつけて、またこの場に戻って来れるように、これから精進したい」とあらためて飛躍を誓った。


映画ナタリー
二宮和也、「検察側の罪人」で助演男優賞に輝き「主演の背中見た」と喜び語る -


デザート
二宮和也 木村拓哉の演技に「主演の背中を見てお芝居がしやすかった」『検察側の罪人』で助演男優賞を受賞


スポニチ Sponichi Annex 芸能
二宮和也 助演男優賞に「僕はラッキーだったな」 篠原涼子「私でいいのかなと…」

« 年末年始の雑誌メモ | トップページ | サトシーラ2019 »

☆メンバー二宮和也」カテゴリの記事

☆映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニノ『第43回 報知映画賞』の助演男優賞を受賞:

« 年末年始の雑誌メモ | トップページ | サトシーラ2019 »