☆メンバー櫻井翔

2016年7月 2日 (土)

THE MUSIC DAY

続きを読む "THE MUSIC DAY" »

2015年1月25日 (日)

道なき道を歩いてく。

迎合せず ただマイペース
今言える 今ならば言える
蒔いてた種たち咲いてく

俺なら 俺らなら
きっと時代は手の中に
Pass da maic.
Pass da pen.
この 
このmaic and penで Rock Rock the world

続きを読む "道なき道を歩いてく。" »

2013年4月24日 (水)

家族ゲーム

はぁ、終わると息つける感じ。
怖いけどみちゃう。
変な感じ。
家族ゲーム。
櫻井翔。

続きを読む "家族ゲーム" »

2012年7月11日 (水)

+act mini 18号(7/25発売分)予約 

櫻井さんが表紙の+act mini 18号(7/25発売分)
セブンネットで予約済

いちばんファンなのは大野さんなのだけど、
櫻井さんのインタビューも大好きなので思わず予約。
しかもメインがオリンピックキャスターのタイミングでってことなので余計楽しみ。
ドラマとかの番宣は山のように出るけど、そうじゃないインタビュー記事って貴重。

セブンネット
http://www.7netshopping.jp/magazine/detail/-/accd/1200632417/subno/1

2012年1月25日 (水)

拝啓 櫻井翔様

  30歳のお誕生日おめでとうございます~☆

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

なんだかんだ言いながら、3年連続参加できた
BWツアーオーラス。2011.1.15@福岡ドーム

トーク中1人取り残されたステージで、自分のことかと思ったら
いの一番に怪物くんみました?って聞くあなたが大好きですw

メンバーからのメッセージ、バクステ向いてしゃべってたのに
途中でメインモニタにメッセージ流れてるのに気が付いて
ちゃんとそれに合わせて読む優しさが好きです。

予想はしてたかもだけど、それをはるかに上回るハピバPartyに
目をほっそくして、お腹かかえて笑い転げてる姿が見れるなんてw
メンバー見ながら笑ってる翔さんの顔見るのが好きな私は、
げっだーんモニターも見たいけど、笑い転げてる翔さんも見たくて見たくてw
一緒の画面に出てきた時はもう、はー幸せでした。
まさかそこから、潤査とミニスカポリスメン’Sが出てくるとは想像もせずw

初めてのアリーナから見えるステージで、近くに来てくれたトロッコで。
直接顔が見れたことがすごくうれしかった。

30歳からだと思っているところがある、と語るその年になって
何を見せてくれるのか楽しみにしています。
どうか体に気を付けて、嵐の櫻井翔でいて下さい。

なんとこれで3度目のお誕生日エントリ。
私は相も変わらず、嵐がすきです。

お誕生日おめでとうございます。

2011年11月 3日 (木)

拝啓 嵐の皆様へ

11月3日はCDデビューの日ということで。
(いつものように今更感いっぱいだけど、今回は珍しく日付詐称などしてみる^^;)
その日に書いたツイッターの文章も併せて。

嵐さんCDデビュー12周年おめでとうございます。
好きだと自覚してから、今日も明日も明後日も、それかも先も多分ずっと好きだと思います。
誰でも知ってるグループから、誰でも歌を知ってるグループへ。
変わらないままで、変わる時をみていたいです。
via Ecfon 2011/03/02:21

デビューの日時を考えると、リアルタイムデの船上会見は多分見てないなぁと
これを書きながら思い立ったのだけど。ガッコの寮で部屋にテレビなかったし
休みの日だしたぶん寝てた。ワンセグとかなかったし。
私がファンになってからは、その日の度に毎年流れてるしもう見たつもりで。

その時から、翔さんの言うように運命共同体になった5人が、
今も変わらず5人でいてくれること。むしろ仲良くなってること。
わちゃわちゃしてるのに、かっこいい大人の男を見せてくれるとこ。
変らないままで、変るとき。ずっと見ていきます。

嵐が5人でいてくれて、ありがとう。
ずっとそれが続きますように(祈) ・・ちがうな、続きます(笑)

大野君の映画関連を追いかけながら、映画、テレビ、雑誌。
それから来年のライブまで。嵐も、私も一緒に行く友達も、会える人たちも。
無事にそれぞれの日を過ごしながら、たどり着いて、また過ごしていけます。
そう思ってます。

2011年9月25日 (日)

神様のカルテ 9/8

だいぶ記憶も薄れてきたけれど、感想など書いてみます。

とりあえず、観た直後の感想がこれ。一言だけつぶやいてた。
『いちさんと、はるさんにお会いしてきました。は〜、いいものみたなぁ。次はいつ来よう。
音楽の力は偉大。サントラ聞きながらお風呂にはいりたいなぁ。』

すごく好きなタイプの映画。淡々と進む日本映画は大好き。
まぁ、伏線が絡まりあって最後に向かって収束してほどけるタイプが一番だけど(笑)

翔君が言ってたみたいに、どっかんとした歌のさびみたいなとこはないけど
ずーっと静かな波が寄せては引いて、寄せては引いてみたいな感じ。
でも決して平坦じゃないとこがすきだなぁ。
そしてそれを支えてるピアノの音楽が良すぎた。あれが全てを支えている。

途中でイチさんが、今度怪我するときは外科医が当直の時にしてくださいって、
真実だと思うなぁ。みてもらう人は増える。でもそれを見ることができる人は、
実はそんなに多くないのかなと思っていたので。
利用者にとって便利でありがたいもの、それは提供する側にとっては
大変な努力や工夫、そしていくらかの犠牲の上にあるものだと思っていて。
自分がそれを受けるとき、忘れたくないなと思う。

あんなに変人扱いされてるのに、ハルさんと結婚できたのは自分の思いには
正直だからなのかなと。同僚の彼女のつぶやきは彼を表す全てな気がする。全て本心から。
そんで、実は肉食系?でも精神も体も強くなきゃお医者さんなんて勤まらない。
そう思えるから案外はずれてはいないのかなぁ。

でもハルさんには勝てないイチさんがかわいい。
全部ひっくるめて、まるっとつつんじゃってるハルさんがかわいい。

学会で発表するとき、大学病院に出勤するとき。
いちとさんの中に時々出てくる翔さんが愛しい。
彼はとっていもいい役者さんなんだなと、
実はその主演映画を初めてちゃんと映画館で観て気づいた私。

翔さんが出てたから観た。
それが一番の理由だけど、それだけじゃなくて私の好きな映画の棚に納まりました。
結局あれから見に行けてないから、あと一回ぐらいみときたいなぁ。

・・・。最後のハルさんの告白聞いて、下世話な想像したりしたのは内緒で・・(笑)だってねぇ、到底セックスしてるようには見えない二人の清らかさwまぁそりゃ、夫婦だもん。霞食ってはいないわ。

2011年8月30日 (火)

桜葉。。。

桜葉。。。
ええもう。何でしたんでしょうか。あの1時間。
ず〜っとニヤニヤですよ。

相葉さんが、人としてすんごくよろしいな〜とか、初めて〜の翔さんがあんなにガッツリ男の人なのになんか可愛くね?って見えたり(笑)

貝でテンション上がる翔さん見ながら、一緒にテンション上がる相葉さんとか。
海見て感動する翔さんとか。船の上で体折り曲げて笑い転げる翔さんとか、とか。
洗いざらしなふわふわっぽい髪で聞く5×10とか。
予想してるけど、やっぱり落っこちちゃった翔さんとか。嬉しそうに花火見て、満面の笑みで落とし穴一緒に入って肩組んで感想聞いちゃう相葉さんとか。

やったよみんな〜ヽ(´▽`)/ を聞いて、そうじゃんこれ当たり前だけどスタッフもいるやんとか思った私とか(笑)

そんでその後の神がかり的3段落ちとか、ミラクル以外ないでしょう。

なんだか、かいてたらきりないな今回( ̄ー ̄)

それにしても、多分殺人できなスケジュールをこなしているであろう翔さんを満面、の笑みでおもてなしする雅紀さん。そこにあるのは、ほんっとに楽しそうな翔さんの笑顔。あ~全部のコンビで見たいけど、この平和さをかもし出す雰囲気はこの2人だからなのかもと考えたri.

2011年2月20日 (日)

原作本。

神カル読了。10分じゃ読めなかったけど☆。いい物語。
これを翔さんが演る、というか演ったのか。
よみかけの時に2人のビジュアルで浮かぶので
にやにやすると書いたけど、ますます楽しみ。
翔さんが苦しみながらも完成させた一止さんが
どんなものか楽しみに待ちたいです。

地方医療の現場があんなことになっている。
その現状を演技とは言え体験した事が
翔さんのこれからにどんな風に影響して行くのか。
映画の番宣が本格的になったらいろんな媒体で
語られるだろうその言葉たちが
今から楽しみでしょうがないです。

☆自分のための追記
しやがれ内、未知との遭遇 速読に挑戦の翔さんの回より

2011年1月25日 (火)

拝啓 櫻井翔様

29歳のお誕生日おめでとうございます。2:25分生まれらしいですね。まぁ、ゆうたらどうでもいいんですが(笑)さっき知りました。智君の時と違って、正真正銘2回目のお誕生日おめでとうエントリーです。ZEROでお誕生日直前の28歳のお顔は拝見できましたよ。そのあと、ZEROメンバーにお祝いしてもらっているとうれしいなぁ~と勝手に思っています。その瞬間を嵐メンバーではないけれど、第二のホームで迎えられて良かったね、と勝手に思っています。

幸運にも参加することができたコンサートツアーオーラス。実は印象が強く残っているのは智君のいろいろとならび、あなたがメンバーのいろいろやMCの最中に、目を細ーくさせて馬鹿笑いしているところや、ソロの途中で髪をかきあげている仕草だったんですと言ったらなんだか誰が一番好きなんだといわれそうですが。やっぱりあなたは美しくも男前でした。かっこよかった。熱かった。ライブでしか見せない斜に構えた男前っぷり、あのはじけた騒ぎっぷり。パブリックイメージは多々ありますでしょうが、あの姿が本来だと思っていてもいいのかなと思っています。

今年もいろんなことに挑戦していくであろう嵐のスポークスマンであり、ある意味真実特攻隊長なロイヤルな人。いろんな正反対じゃね?な事柄をその心と体の中にまとめて発信していく器用な人。でも不器用な人。そのふり幅を今年も楽しみにしています。そしてまた会えると信じています。

今年もどうぞ怪我なく健康第一で。みんなのご飯のめにゅうー考えてあげてください。

追伸。やっぱりうらあらしの智の記憶話は、コンパンフよんでないとわかんない話題だったと思うんだよね~。書きたくてしょうがなかったのはわかるけどさ~(笑)オーラスのみ参加の身としましては言いたくなるのよね。・・って、おめでとエントリのはずが、もういいません(笑)

より以前の記事一覧